宮城県仙台市青葉区の不動産売却

宮城県仙台市青葉区は仙台市の5つの区のひとつ。

旧仙台市の北・中央部と旧宮城郡宮城町を合併してできたエリアです。

青葉区の南東部は江戸時代から続く仙台の中心的なエリアで、昼夜の人口差が高く、通勤や通学で多くの人が移動する場所であることがわかります。

不動産売却でも、青葉区の中心部は高額売却が可能なエリアになります。

あらかじめ周辺の市場価格をネットや新聞広告、不動産屋の店頭広告などでチェックして、現在の売却予定の物件の価値が実際の市場でどの程度になっているのか、こまめに確認しておくことが成功する不動産売却への第一歩になります。

青葉区は宮城野区、若林区、太白区、泉区に隣接しています。

職場が青葉区にある人、通学で青葉区まで通っている人など、不動産物件を探す人は少なくないでしょう。

不動産売却物件のあるエリアによって、区内でも需給バランスが変わってきます。

区の西側は青葉山丘陵があります。

青葉山丘陵の北側にはベッドタウンとして機能する住宅地が広がります。

東側には青葉山があり、仙台城や東北大学の川内キャンパスがあります。

東側には市役所、県庁、仙台駅、東北大学の片平キャンパスなどといった仙台市の主要施設が集中しています。

仙台市都市部といわれるエリアで地価も高額です。

不動産売却に際しては地元の市場をよく知った不動産屋選びが大切です。

売却依頼を行う前には、自分でも売却価格をどのくらいに設定するのが相場なのかも含め、不動産広告などを確認しながらリサーチをしておくことがおすすめです。